小顔になるためのエラ削りは信頼できる美容外科へ相談がおすすめ

小顔になりたい方へエラ削りについて

鏡を見る

皆様にとって理想的な顔とはどういう顔でしょうか?
小顔、たまご型などいろいろあるかと思いますが、そんな理想に近づく一つにエラ削りがあります。知らない人もいらっしゃると思いますので、一体どういったものなのか紹介します。

・エラ削り(下顎角形成)とは

顔を正面から見たときよく分かる、エラ(下顎角)が発達し張っている場合、そこを削りフェイスラインを滑らかに整える施術のことをいいます。四角いや大きい顔といったイメージを変える効果が期待できます。

・メリットは?

しっかりと小顔効果が得られるのがメリットです。骨そのものを削る手術のため、その後も小顔が維持できます。手術の際に下顎角部を広範囲に削るため、横顔・正面からの効果が実感できます。
また、エラが張った顔はきつい印象を周りに与えてしまうこともあるでしょう。メイクや髪形で工夫している方もいらっしゃるでしょう。エラ削りをおこなうことで丸みを帯びた顔になるので、優しい印象を与えやすくなります。
その他、切開痕が目立たないというのがメリットとしてあります。手術を行うときの切開する範囲は一般的に3~5cmほどです。大きいと感じるかもしれませんが、顔の表面ではなく口の中を切開するので、傷痕は見えません。

お悩みの方は美容外科でのエラ削りを考えてはいかがでしょうか。

近年行う人が増加しているエラ削りとは何か

近年では目を二重にしたい、鼻を小さくしたいなど、顔のパーツを少し整形するプチ整形を行う人が増えています。しかし、目や鼻といった細かいパーツではなく、顔を小さくして小顔になりたいという人も同じく増加しています。顔を小さくすることは、顔のパーツや骨など全てを整形しなくてはならないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、顔全てではなく、頬にあるエラという部分を削るだけで顔が小さくなると言われています。では、整形する人が増加しているエラ削りについて紹介します。エラ削りは美容外科にて行うことが可能な手術であり、アプローチ法には口内法と口外法の2種類があります。エラ削りを行うメリットとしては、圧倒的な小顔効果が得られるということです。エラが張っているだけで顔が大きく見えてしまいます。そのため、エラ削りを行うことで顔が小さくなったように見られるだけでなく、女性的なイメージにも近づきます。一方でエラ削りはメリットだけではありません。デメリットとしては手術を行うため、下顎付近を走行する神経を傷つけてしまうと痺れや声が出にくくなるといった症状が出るということです。小顔は誰しもが羨むことですが、整形を行うということが必ずしも良い効果だけでなく、デメリットも付きまとうということを忘れてはいけません。

エラ削りを検討するなら信頼できる美容外科をみつけよう

自分の憧れる人は誰でしょう。その人と自分の違う箇所はどこでしょう。ひとりひとり個性があります。もしもその人の容姿に憧れているという事であれば、美容外科手術で近づける方法もあります。例えば顔の印象は顔の下部分の印象で決まります。人の顔の下部分は顎やエラ部分ですが、顎やエラはもともとの骨格や筋肉のつき方、噛み癖によって違います。特にあごの骨は大きく、削ることのできる部分です。エラ削りで骨を削ると聞くと、とても大掛かりで傷になりそうと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし実績豊富で信頼できる美容外科なら、目立たない形でエラ削りを行なう事が出来ます。エラ部分はエラの張り方に合わせて、オーダーメイドの手術を行う為、不自然にならないラインを見出さなければなりません。それは経験を積んだ医師にしかできません。エラ削りを検討するならきちんとシミュレーションをし、術後の後悔が無い様にしましょう。シミュレーションは、石膏を使用したり、最新の技術を盛り込んだコンピューターシステムを活用している美容外科を選ぶとよいでしょう。またアフターフォローは重要です。どのようなアフターフォローがあるか確認しましょう。検討にはいくつかの美容外科を比較してみましょう。

比較の際には、手術前後の注意事項をわかりやすく説明してくれるか否かという点が重要です。たとえば【コムロ美容外科】のエラ削り手術の場合、WEBサイト上で詳細な経過説明を行っています。まずはこうした優良クリニックで情報収集してみてはいかがでしょうか。

TOP